【結果】ブリーダーズゴールドカップ2018

レース結果

<ラップ>
125.6(86.4-39.2)
おそらく前傾ペースな流れでスタミナ比べの展開だったと思います。


<着順>
1着 ⑪ ラビットラン
2:05:6 87.2(3)−38.4(1)

他の馬たちはかなりバテている状況でしたが、ラビットランだけは3番手から抜群の底力を発揮して4馬身差の完勝でした。
57kgを背負いながら強い競馬を見せてくれたと思います。
芝とダート、両方の重賞を勝つなんて素晴らしいですね。


2着 ⑥ プリンシアコメータ
2:06:4 86.4(1)−40.0(6)

逃げて懸命に粘り込みました。
プリンシアコメータらしさが発揮できたのではないでしょうか。


3着 ⑤ クイーンマンボ
2:07:1 87.6(5)−39.5(3)

昨年のこのレースでもそうでしたが、スタミナを問われるような流れになるとパフォーマンスを落とすみたいですね。


4着 ② フォンターナリーリ
2:07:4 86.9(2)−40.5(8)

5着 ⑫ ハービンマオ
2:07:4 87.6(6)−39.8(4)